大阪でも一般的になってきた二重手術で目元をワンランクアップさせる

目を閉じる女性
頬に手を当てる女性

大阪で話題の二重手術の特徴と費用について

芸能人のようなくっきりとした二重まぶたに憧れて二重手術をしたいと思っている女性も多くいます。し…

くわしく見る ▶

笑う女性

大阪で受けたい二重手術の注意点

芸能人を見ていると大きな二重の目で非常に魅力的なものです。このようなクリッとした二重の目に憧れ…

くわしく見る ▶

鏡を見る女性

大阪にクリニックでは二重手術の種類には何がありますか?

二重手術というと今は気軽に受ける方が多くなってきましたが、一言で二重手術といっても大きく分けて…

くわしく見る ▶

二重手術と埋没法で作ったまぶたを大阪の病院で抜糸する

女性と花

二重手術の一つである埋没法は、抜糸することで元のまぶたに戻すことが可能です。抜糸は二重のラインが希望通りでなかったり、目に違和感を感じる時に主に行われます。なので、2回目の埋没法を受ける際でも抜糸せずに2回目の埋没法を行います。なぜなら、糸がまぶたに残っていても目に異常をもたらす可能性が低いからです。けれども、埋没法を受けてから数年経っている糸は抜糸しにくいので、抜糸しても抜けないこともあります。
また、手術から数年たっている糸は抜糸しにくく、抜けない場合もあります。しかし、目がゴロゴロしたりまぶたから糸が出てきた場合は、すぐに埋没法を受けたクリニックに向かって抜糸を受けるのが基本となります。それは、まぶたから糸が出てくると放置しても全く改善されない上に、目に違和感を感じ続けると眼球を傷つける可能性が高くなるからです。
他にも、抜糸せずに2回目の埋没法を受けると、1回目の埋没法による二重のラインが邪魔で2回目の二重のラインが出ずに、三重になることがあります。埋没法で二重まぶたを作ったら、切開法で作った場合と違ってまぶたから糸が出ることがあります。糸が出てきたら、放置する期間が長いほどまぶたや目を傷つけることになるので、症状が悪化する前に早めにクリニックで抜糸してもらうのがお勧めとなります。